教育・保育方針

  • HOME
  • 教育・保育方針

教育・保育方針

教育・保育方針

教育・保育方針

幼児教育の基本は「遊び」です。遊びは決して無意味な時間を過ごしているのではありません。したがって、本園の教育・保育方針の基礎となるものも「遊び」なのです。子どもの自発的、主体的な遊びは欲求を満たし、心身の発達をおおいに促してくれます。

一人遊びを十分に楽しむと、次に、仲間との遊びを求めるようになります。そして、ルールや決まりのある遊びを好むようになり、様々な要素を取り入れた構成的な遊びへと、成長に合わせその質も変化をしていきます。

同じように、遊びを通して楽しみや喜びを味わいながら、友だちの存在を知り、人との関わり方や基本的な社会性を身に付けていきます。そして、相手と相談をしたり、創意工夫をしたりしながら創り上げていく面白さを感じていきます。時には出来栄えや結果にこだわり、その達成感を求めるようにもなります。

そうした実体験の中から、優しさや正しさや思いやる気持ち、創造性や意欲や探究心など、学びの根源となる力も養われます。そして、何よりも自分自身の良さや力に気付き、自分作りができるのです。ですから、本園では「遊び」を中心にした教育・保育を行っています。

子どもの健やかな育成のために、教育・保育方針や目標は掲げていますが、今すぐにその効果を発揮させることに、意味を求めるようなことはしていません。あくまでも、子ども達の将来に必ずやって来るその時に、自分を信じ、仲間と信頼し合い、豊かな社会を築いていくことができるように、人生の基礎作りをしているのです。

最後に、本園は、本田伝喜牧師ご夫妻を記念して開設された園です。式典や行事の始めには賛美歌を歌います。しかし、他には宗教色のある教育は行っておりません。

本園のめざす幼児像

本園のめざす幼児像

  1. 明るく愛情あふれるこども ともだちと仲良く元気いっぱい遊ぶ
  2. 逞しいこども 恵まれた自然環境で心身をきたえる
  3. 素直なこども はきはきと意思表示ができ、すすんで行動できる
  4. 創造性のあるこども 遊びを工夫し、大きな夢を育む
  5. 思いやりのあるこども 悲しみを分かちあい、喜びを共にする

ページトップへ ▲

教育・保育方針

©2008 by Tokai University Honda Kindergarten All Rights Reserved.